イラスト ブラウザマジック

良い人材とは

イラストとブラウザマジック

webにイラストを掲載する場合と、印刷する場合では随分と作品の印象が異なってくる。

オンラインでのみ趣味で活動を行っていた人間が、印刷媒体に手を出した時、その問題に直面することになる。
画面上では非常に魅力的に見えていた作品が、印刷すると非常に精彩を欠いているなんてこともざらにある。
俗に「ブラウザマジックで実際よりよく見えていた」と表現される現象だ。

印刷媒体は画面とは違って、発光していない。
また、色彩も光で表現されるのではなく、あくまでも紙面への印刷である。
そのため、オンラインの作品が印刷されると華やかな印象は一気に落ち込んでしまう。

最初から印刷することを目的として描き慣れている人は、そのあたりも計算に入れてイラストを描画するのだが、オンラインのみで活動を行ってきた人間は、まず印刷用の色設計やデザインがあることを意識しなかったため、最初にその壁にぶつかることになる。

もしweb上での活動だけでなく、印刷媒体でイラストを扱う仕事をしたい場合は、少しずつでもそれに慣れていく練習をすべきである。