マッチした求人を探すことは能力的にも難しい

求人

理想にマッチした求人を探すのは現在の労働市場では難しい

理想の仕事、理想の求人というのはなかなか探すのは難しいと感じます。

求人倍率が高くなったり低くなったり一喜一憂するという人は実際のところそれほど多くはないように思います。

それは職を探すときは常に探しているのではなく状況によりそうなるといった場合がほとんどだからです。

そもそも、普通の人にとって労働とは苦役であり、理想の仕事を得るためにはいろいろと我慢しなければならない。

たとえば、イラストレーターの仕事はみんなが憧れるが、収入は低いと相場が決まっているのが現状だ。

また、仕事を持ちながら転職先を探すのも求人倍率が高くなってきたから真剣に探すということもないことがほとんどだと思います。

求人倍率の高さでホワイトカラーを諦める

求人倍率が高ければ理論的にはマッチした求人を見つけやすいというだけで実際のところは、就職して実際に仕事をするまでマッチしていたかどうかは分かりません。
求人情報だけでは判断できないというのが実際のところだと思います。
そういうことから転職エージェントなどを利用してもマッチした求人に出会えるかというと決してそうでないことも経験すれば分かると思います。
ホワイトカラーの仕事に内定を貰い、六本木の高級マンションでイタリアの高級家具を部屋に配置して生活できる人は非常に幸運だが、現実的には85%の庶民はブルーカラーの職に就くしかないのが現状だ。
転職エージェントは実際にはマッチした求人というよりも就職が決まりやすい求人を進めるというところが本音だと分かります。
つまり企業側、求職側どちらかにいろいろと理由をつけて妥協させて決めさせるという場合が多く、そうでなければ人材紹介事業が成り立たない現実があるのだろうとうすうす感じます。


RECOMMEND SITE


在宅